Docking Station


I had been at Docking Station which is photographer residency in Amsterdam.

http://www.dockingstation.today/mayumi-suziki

Docking Station is not only to introduce to the photography experts but also a great platform to the audience with ‘heart to heart’.

In this weekend Marga Rotteveel and Anais Lopez organized ‘Sharing Stories' event on the boat. We introduced three photographers' stories, Terje Abusdal, Deividas Buivydas and Mayumi Suzuki with audio and sound. All passenger didn’t notice I am Mayumi, I pretend one of the passengers. At the end of stories, I appeared on the stage, brought my father’s lens out from my pocket and told my lens story in JAPANESE. It was emotional each round to share the feeling with all audience. Actually, it is my first time to Role and plays in the exhibition!

I appreciate all passenger to share our stories, and very talented Marga and Anais, all our team to organize it, Emmie Kollau, Hannah and Nita.

Docking Station は人を紹介するだけではなく、人の心と心をつなぐプラットフォームでもあります。この週末は、マルハとアナイスが企画した「写真で物語を伝える」イベントを船の上で実施しました。

3名の写真家のフォトストーリーを、オーディオを使って感じてもらう30分の船旅です。乗客は私が作家の一人であることを知りません。私は乗客のフリをします。ウミネコの声が鳴り響き、建設途中の女川の復興の音がヘッドホンから流れ(録音してくれたMachiko Abe、ありがとう!)、スーツケースの中から次々と写真が出て、物語を追っていきます。

まるで演劇のような形の30分の展覧会。ショーの最後に私が作家であることを名乗り、ポケットから父のレンズを出し、日本語で乗客に語りかけます。観客はまさか作家本人がここにいたとは!と驚いてくれます。

リアルに観客と作家が出会う意味、時間の共有、心が触れ合う瞬間を何度も感じました。

写真展や写真集で感じるものとは違う、新しい形の写真の見せ方を提案してくれたマルハとアナイス。彼女たちの創造性に感心しました そしてこのイベントを手伝ってくれたみなさんに感謝します。


© 2018 All reserved by Mayumi SUZUKI